エアフィルター紙のプリーツと接着ラインのデバッグ方法は?

ビュー : 577
著者 : indrofiltermachine.com
更新時間 : 2020-09-03 16:01:57
エアフィルター紙のプリーツと接着ラインのデバッグ方法は?
 
生産ラインは、次の順序で3段階でデバッグされます。
ステージ01:プリーツデバッグ: 給餌、事前切断、プリーツデバッグを含みます。
この段階では、事前の垂直調整は必要ありません。
一般に、ポリエステル、ポリプロピレン、セルロースのフィルター媒体は、この段階で事前にカットする必要があります。 この段階で事前カットを行っているガラス繊維ろ紙はほとんどありません。
この段階で事前にカットできるかどうかは、フィルター仕様とフィルターメディアのサイズによって異なります
最後のフェーズで垂直カットを行う必要がある場合、現時点では事前カットデバッグは必要ありません。
 

ステージ02:接着デバッグ: 接着機のデバッグ、接着ホルダー/コントローラーのデバッグを含みます。
 

ステージ03:切断デバッグ: クロス切断機とプラットフォーム切断機のデバッグを含みます。
デバッグは3段階で行ってください。 プリーツデバッグが完了し、通常の操作が完了したら、接着剤のデバッグを開始し、接着剤のデバッグが完了して通常の操作が完了したら、最終的に切断デバッグを開始します。